2018年9月1日土曜日

丸の内朝大学のミュージカルクラス、今年も開講します✨


早起きの秋が始まります!

5年目の丸の内朝大学、タイトルは「ミュージカル堪能クラス 〜丸の内で劇場体験フルコース〜 」開講決定しました〜〜〜👏👏👏



2018年 10月〜11月の全8回
詳細:https://asadaigaku.jp/archives/asadai_kouza/2018au_musical

メイン講師はもちろん塩田明弘さん。

音楽監督・指揮者として、いつも舞台と客席のあいだにいる塩田さん。あんなに客席を盛り上げてくる指揮者さんは他にいないってくらい、舞台よりもその前にあるオーケストラピットに目がいっちゃうわってくらい、「踊る指揮者」と呼ばれるくらい、目にも楽しいミュージカル指揮者。私は塩田さん指揮の流れるようで情感のこもった音楽がすごくすごく好きです。舞台裏の仕事も熟知されていて、あと劇団四季、東宝、タカラヅカ、ホリプロ、、、ってここまで活躍の場に垣根のない指揮者さんも珍しいのでは。そんなわけで、観客のためのミュージカルクラスは塩田さんあってのスペシャル講座なのです!

それから朝大学のミュージカルクラスといえば、「ゲスト講師が豪華だけどチャラチャラしてない」と業界の方から褒めていただくのですが(笑)、今回もビックリするような凄い方々が揃いました。

帝国劇場 (と、日生劇場)支配人の阿部聖彦さんは、2015年 ミュージカル鑑賞クラス(通称 みゅー2またはラマンチャの朝)以来 2度目の登場!内装リニューアルしたばかりの帝劇で、観劇のあとにお話を聞きます。

それから東宝プロデューサーの服部優希さん。初登場ですが、仕事はやくて気遣いがきめ細かい敏腕プロデューサー。ミュージカル製作 "ページゼロ" からの貴重なお話を伺います。

演出家の上田一豪(いっこう)さんも初登場。TipTapというご自身の劇団を持っていて、小さな劇空間でお芝居やミュージカルの製作もされているイッコウさんは、東宝所属の若手エース!今回の企画を進めるなかで、イッコウさん、ミュージカル界隈の人みんなに応援されて可愛がられている感じが本当に印象的でした。演出助手でお名前を見かけることが多かったのですが、最近は演出家クレジットでどんどん出てます。すごく勉強されているし創作意識の高い方なので、塩田さんとの掛け合いトークが楽しみ!だし、日本のミュージカルのこれからを感じるお話が聞けそう。

舞台美術デザイナーの松井るみさん。なんと、泣く子も黙る「装置の松井るみさん」!ミュージカルって舞台装置が大掛かりだったりするけど、松井さんのは特に迫力満点。スケールの大きな世界観でトニー賞にノミネートされたりとご活躍自体もスケール大。上田一豪さんと松井るみさんの授業を聞いたら、きっとこれからの観劇が250倍くらい楽しくなると思う。超おすすめです。

そして!指揮者の塩田さんがお届けするミュージカルクラスなので、音楽はガッツリやります。毎回ご登場いただいている日本の宝、パーカッション名手の長谷川友紀さん。元タカラヅカで現在はさまざまなミュージカル作品の歌唱指導を行っているやまぐちあきこさん。やまぐちさんは先日報道のあった、来年4月開講「渡辺ミュージカル芸術学院」powered by ワタナベエンターテインメント の講師としても名前を連ねていらっしゃいます。プロを教えているプロに素人の観客が歌を習うという(笑)奇跡のクラス最終回をどうぞお楽しみに。演奏はピアニストの國井雅美さん。なんでも弾けちゃう國井さん!劇場のオーケストラピットをのぞくとだいたい会える、あと舞台のパンフレットではだいたい「稽古ピアノ」のところにお名前が。一気にミュージカルの世界へ引きずり込んでくれる演奏に聞き惚れ、、、ている場合じゃないかもしれないけど(歌うからね!)、矢野顕子さんがレコーディングで使うくらい素敵な汐留の音楽スタジオで、ピアノ生演奏のミュージカル曲を堪能しちゃいます!

あと観劇フィールドワークは帝国劇場でのミュージカル『マリー・アントワネット』(11/6火 18:00)で、このほかに「秘密のフィールドワーク」というのがあります。日付も7日 or 8日で未定、場所も直前アナウンス。朝大学として前代未聞で、受講を検討いただく皆様にはご不便をおかけします・・・(陳謝)。でも楽しいことはお約束しますので是非!




お申込受付は丸の内朝大学Webサイトより9/13(木)12:30pmスタートです☝️








2018年8月29日水曜日

8/21 朗読とミュージカル「上村由紀子 talks with 吉原光夫」終了!

yukkoさんが舞台で活躍する俳優さんにインタビューするトークイベント「上村由紀子 talks with ... 」。5回目となった今回は、なんと一年半ほど前の初回ゲスト吉原光夫さんにもう一度お越しいただいちゃいましたー!👏👏👏


場所は丸の内の隣町、神田神保町。

ここに、今年4月にできたばかりのブックカフェがあるのです。

「神保町ブックセンター with Iwanami Books」

本屋さんでもあり、本を持ってきて読んだり棚にある本を読んだり、コーヒーを飲んだりお食事もできるブックカフェ、そして自分のパソコンを開いたりしてお仕事をしてもいいコワーキングスペースでもあり、月会員のシェアオフィスでもあります。

すぐお隣には老舗の映画館「岩波ホール」もあって、なんだろう、割といつも戦闘モードな丸の内と比べると、昔ながらの江戸っ子ソウルと知の香りが漂う感じ。


ここで、「ミュージカルトークと朗読」というブックセンターならではの企画が実現しました。


日本の「レ・ミゼラブル」最年少ジャンバルジャンであり、映画「美女と野獣」ガストンや、いま上映中のアニメ映画「未来のミライ」などで声優としても活躍する吉原さん。大学で演劇を学び、役者と喋るお仕事を経て今に至る、美声演劇ライターyukkoさん。本の街 神保町で、本に囲まれ、落ち着いたスペース。

揃った・・・!

そんな掛け算から生まれた、朗読とミュージカルのトークイベントです!


耳によいこと♪


発売からあっというまにソールドアウトしてしまったので、来られなかった方もいらっしゃるかと思います。「出待ちはあんなに人気ないのになぁ(笑)」ってマネージャーさん。このギャップ。


さて、ドーンのミュージカル企画としては初めての会場なので、1ヶ月前に別のイベントやってみたり、クルーを引き受けてくれたヤナパパ、ちあきちゃん、さっちゃんと下見に来たり、


受付に会場セッティングにその他たくさんの色々すべて、今回もありがとうー!!!


朗読のイベントって初挑戦だったのですが、


岸田國士の「紙風船」作品は、読んでみると古文のような、さうか ござゐます ってお話の内容が全然入ってこない! どんな温度で話してるのか想像つかない! 

それを最初の楽屋の練習で、スラスラスラ〜っとお二人が


劇場でミュージカルを観るのとは全く別の感覚だし、急に古文に体温が宿るというか、笑える、わかる、オモシロイ!


フリートークは何度もご一緒してきたyukkoさんですが、戯曲を読むのを聞くのは初めて。私もだけど、たぶん演劇ライター芸人(!)としてのyukkoさんを知る客席の皆さまはビックリしたのではないでしょうか。


朗読はイベント冒頭の10分くらいで、マイクを使わずにやりました。生声のリアルな伝わり方、こんな近距離だし新しかった。想像をはるかに超えて素敵でした。

(素敵でした、よね!)


続いてミュージカルトーク。
マイクを持って本人に戻った瞬間、その場にいたみんなが照れた。笑 お話もとても興味深かったのですが、こちらはその場にいた方々の心のなかに。

10月に東京公演のある「マリー・アントワネット」楽しみです。

トーク最中の様子はこちらからご覧ください(๑・‿・๑)


吉原さん、今回もありがとうございました!!!

そして構成・司会のyukkoさん、今回もありがとうございました。
(朗読また聴きたいです。)


写真はすべて、ミューケンのさわちゃんことフォトバイさわ👏

お仕事後に駆けつけてくれてありがとー!
ツーショットいいなー!笑

そしてそして、ご参加いただいた皆さま、色々と協力・応援してくれた皆さま、本当にありがとうございました!あの暑い日、生声の届くコンパクト空間で窮屈だったかと思うのですが、優しい空気を作ってくれたのは誰よりも参加者の皆さまでした。神保町ブックセンター特製のハイボールと共に、ひとときのトークを楽しんでいただけていたら嬉しいです。

またどこかでお会いできますように✨






2018年8月27日月曜日

舞台衣装家 前田文子さんリサーチ祭り

今度のトークショーに出ていただく衣装デザイナーの前田文子さんのことを大リサーチ中💨




基本いつも黒ワンピースのカッコいい前田さんは、なんと私と同郷の北海道人でした。


舞台衣装家さんって被服から入るのか演劇から入るのかどっちなのかと思ったら、前田さんは思い切り劇団生活を送っていた方で、出てくるワードが弟子入りとか旅まわりとか仕送りとか、もー、泥くさい!意外!


いまでは「師匠」の前田さんが、女性としてアーティストとして、なにせ北海道だし時代もあっただろうし、


手がけてきた舞台の数がハンパないし、プロフィール写真を撮ったのデイビッド・ルボーさんだし。確認したいことがあってメールをすると秒で電話が飛んでくる。「台湾から帰ってきたばかりなの〜、それでね、」ってチャカチャカ話してくれる。知れば知るほど面白い。




そもそも衣装デザイナーでもコスチュームデザイナーでもなく「舞台衣装家」だし、お話を聞いていると「職業婦人」とか「純芸術」とか、言葉のチョイスが美輪明宏さん風で


前田さんが切り開いてきた人生の歩みと、前田さんの目で見た世界を感じて、どどーんとインスピレーションをお届けできたらと思います!




トークショー Bumpy Lens は9月4日、阪急メンズ東京さん地下のモノクルカフェにて。


会場も前田さんに合わせてどうしても骨太のスタイリッシュ空間にしたくて、ふだんは貸切もしてないモノクルカフェとコラボさせていただくことになりました。




詳細・ご予約はこちらから


https://www.marunouchi-musical.org/events/-4


↓ 15年前のコレ聴きたかったー!


2003/10/5 演劇を楽しむために 講師 前田文子 司会 宮田慶子 


Vol.4 舞台衣装とは ★戯曲と演出意図と衣装(舞台創造のプロセスと装置・照明他スタッフとの連携)★空間のイメージと人物の立体化~デザイン画とともに ★素材の実験 ★制作プロセス ★時代と衣裳 


http://seinenza.com/performance/workshop/200302.html



2018年8月23日木曜日

ふっかつ

ブログ放置しすぎた!

7月のある日。
グーテンバーグ 観劇。





2018年6月28日木曜日

原田優一さんとトークイベントやります

演劇ライター あんど ラジオDJ ゆっこさんのトークショー次回のもろもろがついに決定しましたー👏👏👏

1月の田代万里生さんに続き、今回お招きするゲストは原田優一さん!



(*'▽'*) です!

今再び気になる俳優、原田さん。

私はまずミス・サイゴンのクリス役のイメージで、くりんくりんの目をした美声のハンサムさんだったのだけど、それが最近、ウーマンオブザイヤーを見に行ったらまさかのドッカンドッカン系スーパーコメディアンになっていました。

演出をすることもあるし、

小さな劇場でオフブロードウェイもののミュージカルにも挑戦していたり、

このまえは歌謡ショーをやってたし、

ミューケンにも何人もファンがいて、"ゆうちゃん" のお喋りが面白いとよく話してくれる。

そうして考えてみたら、スタッフさんにとても好かれてることとか(なんかの折に制作さんが、彼にはみんながついていくって)、二枚目から三枚目への路線変更(?)はどういうわけなのか、とか、

今再び原田優一さんが
とても魅力的だ!

ということで来週、喋れる俳優 原田さんと、喋れるライター ゆっこさんによる、バッチバチの一時間がやってきます。これはショーってより「セッション」なのかも。



7月4日 水曜日、よる7時から
交通会館6階のリーグ有楽町にて。

ご予約と詳細はこちら


一時間で足りますように。笑

(いや、きっとそのあたりのプロスキルにも注目ですよ✨)




2018年6月27日水曜日

渋谷のまちづくり建築

渋谷キャストにやっと行けたー

先週のこと、まちと建築をテーマにしたトークセッションがあり、区長のハセケンさんを筆頭にかなり若々しい盛り上がり方をしてる渋谷の駅とかヒカリエとかについて聞いてきました。



渋谷はやっぱりカジュアル。
ちゃんとしてる人がホームラン打ってるというよりは、はちゃめちゃな人が老いも若きも遊びながら試してる感じ。

東京各地の開発をしてるディベロッパーさんが集まっていて「デベ」と呼ばれ、品川は、池袋は、五反田は、と結局みんなこうして繋がってるんだなぁと知れたし、そこで一番出たワードは「丸の内なら」。



例えるなら劇団四季みたく 笑
圧倒的な成功例としてみんなが知ってて、なんかキチンとしてて、でもエリア一帯を同じ地主さんが持っているという特別な事情もあるし「あそこは特殊」みたいな捉え方。そういう存在なのかぁーー、、、! 



街のことを考えてビルや施設や劇場なんかをプランニングする建築家さんの話を初めて聞いて、急に帰りの電車でポートランドの今について書かれた雑誌を読んでみたり。

ちょっと聞いた渋谷の未来絵図は、ここの坂と何かが繋がるとか、、よくわかりませんでした!

押忍 (๑・‿・๑)🤚